Page: 1/43   >>
じどうしゃができた #ピクシー絵本
0

     

    じどうしゃができた|ピクシー絵本表紙

     

    小さな乗り物のピクシー絵本です。

    「じどうしゃができた(Unser Auto Fabian)」

     

    日本でも翻訳出版されたことがあったので、この表紙を見て「なつかしー!」と思う人もいるのでは。

     

    中身を少しお見せしましょう。

     

    自動車がほしいと思ったなかよし2人組。

    自分たちで作ることにしました。

     

    じどうしゃができた|ピクシー絵本1

     

    まず、設計図を引いて…。

    いろんな材料を集めて、組み立てていきます。

     

    じどうしゃができた|ピクシー絵本2

     

    飛行機みたいなプロペラをつけたら、カッコいいかも。

    カサがあれば、雨の日でも安心。

     

    じどうしゃができた|ピクシー絵本3

     

    さあ、ぼくたちの自動車のできあがり!

     

    明るくポップな絵柄がとても印象的。

    1970年代らしい1冊ですね。

    商品情報はこちらです。

     


    fc2バナー
    にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
    banner_24.gif

    | Tote(トート) | 14:26 | - | - |
    おもちゃの列車 #ピクシー絵本
    0

       

      おもちゃの列車|ピクシー絵本表紙

       

      列車のピクシー絵本をもう1冊、

      「おもちゃの列車(Puff-Pata-Puff)」です。

       

      列車といっても、子供部屋のジオラマを走りまわる おもちゃの列車です。

      だから、とってもキュート。

       

      乗客はぬいぐるみ、お人形の駅員さんにせかされて出発します。

      女の子のお人形が手をふっていますね。

       

      おもちゃの列車|ピクシー絵本1

       

      元気に走っていたのですが、線路に丸太が…、

       

      おもちゃの列車|ピクシー絵本2

       

      こんなの、へっちゃら。

      なんと、ぴょーんと飛びこえました。

      すると、そのまま空へ飛び出してしまいます。

       

      おもちゃの列車|ピクシー絵本3

       

      虹の線路を走ったり、海に飛びこんだり。

      大冒険になりました。

       

      この絵本の初版発行は1955年。今回紹介しているのは、2004年発行の復刻版です。

       

      なかなか奇想天外なお話ですが、古い絵本ほど、そういうの多いですよね。

       

      商品情報はこちらです。

       

       


      fc2バナー
      にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
      banner_24.gif

      このエントリーをはてなブックマークに追加

      | Tote(トート) | 15:11 | - | - |
      きかんしゃブンメル #ピクシー絵本
      0

         

        ピクシー絵本にも列車のお話、もちろんあります。
        鉄道ものの絵本は古いものも多いですが、そんな1冊ご紹介します。

        「きかんしゃブンメル(きかんしゃブンメル)」

        とてもかわいい絵本ですが、それだけではなくて、大人目線で見るとちょっと考えさせられるお話です。

         

         

        ブンメルはゆっくりゆっくり走る列車(鈍行ということかな)です。自分の仕事を気に入っていて花形列車の急行や特急にあこがれることもなく、まわりの景色を楽しみながらゆっくり安全に走っていました。

        でも、ある日、人間たちがもっと早く走れるようにとブンメルを改造してしまいます。すごいスピードで走れるようになったブンメル。毎日、高速で走ります。


        もう、景色を楽しむどころではなく、目が回りそう。「助けて〜!」と叫んでしまうブンメルでした。

         

         

        疲れきったブンメルはとうとう動けなくなってしまいます。
        「ブンメルはゆっくり走る方が向いていたんだ」と気づいた人間たちはブンメルをもとのゆっくり走る機関車に戻しました。

        この絵本が発行されたのは1959年。時代は変わったのかな?

         

        高度情報化時代の現代、何でも便利なのがいいの? 早い方がいいの? という疑問がときどき頭をよぎることはないでしょうか?

         

        50年前にも同じような疑問を持つ人がいたのですね…。とても大切なメッセージが込められている1冊だと思います。

        レトロでポップなイラストがとってもかわいいです。1部のページが2色刷りです。

        商品情報はこちらです。

         


        にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
        banner_24.gif
        fc2バナー

        このエントリーをはてなブックマークに追加

        | Tote(トート) | 18:00 | - | - |
        かえるの王様/2001年版 #ピクシー絵本
        0

          JUGEMテーマ:童話

           

           

          王様にちなんだピクシー絵本をもう1冊。

          「かえるの王様/2001年版(Der Froschkönig)」です。

           

          プリンセスと王様が出てくるグリム童話ですが、ロマンチックというより、かなり強引な結果な気が(Tote はけっこう好きなんですが)…。

           

          井戸に金のまりを落としたお姫さま。

           

           

          友だちになってあげるからと言って、かえるにまりを拾ってもらいますが、約束を無視してお城に帰ってしまいます。しかも、訪ねて来たかえるをかなり邪険にしたあと、投げ飛ばしますw

           

           

          すると、かえるは魔法がとけて本来の王さまの姿にもどり、そのあと2人は幸せに暮らしました。

           

           

          このお姫さまって、何かいいことした?

           

          このお話は何回もピクシー絵本になっています。

          いろんな絵柄が楽しめますが、この版はご覧の通り、大人ぽくアーティスティックな仕上がりです。

           

          商品情報はこちらです。

           

           


          にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
          banner_24.gif

          fc2バナー

          | Tote(トート) | 21:22 | - | - |
          サッカーを発明した王様 #ピクシー絵本
          0

            JUGEMテーマ:絵本のたからばこ

             


             

            令和の時代が始まりました。おめでたい。

            即位の礼があってのことで、これにちなんで王様の絵本をご紹介します。
             

            王様といっても、子供なのです。
            「サッカーを発明した王様(Wie Kaiser Franz das Fußallspiel erfand)」、2006年発行のピクシー絵本です。

            ある国に、まだ子供の王様がいました。
            この王様は毎日、午前中だけ執務をするので、午後はいつも退屈していました。
            ある日、窓から外をのぞくと、お城のまわりで子供たちがボールで遊んでいました。




            子供たちをながめながら、王様はこう思いました。
            「手を使わずにボールの取りあいっこをすれば、おもしろいかも。」
            そこで、王様は子供たちをお城に呼びました。


            子供たちはみんなで22人いました。

             



            王様は子供たちを11人ずつ2チームに分け、ゲームのルールをつくりました。

            これが、サッカーの始まり…かもしれません。

            カートゥーンぽい軽いタッチの楽しい絵本です。
            白とグリーンのアクセントの色使いがサッカーらしくていいですね。

             

            そういえば、まもなく こどもの日ですね。

            商品情報はこちらです。

             

             


            fc2バナー
            にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
            banner_24.gif

            このエントリーをはてなブックマークに追加

            | Tote(トート) | 18:34 | - | - |
            ちいさなハンス #ピクシー絵本
            0

              ちいさなハンス #ピクシー絵本 表紙


              寒の戻りがありましたが、明日から春本番のようです。
              とても春らしい絵本をご紹介します。


              「ちいさなハンス(Hänschen klein)」
              歌の絵本です。楽譜がついているのですが、なんの曲かわかりますか?

               

              ちいさなハンス #ピクシー絵本1
               

              オンチの Tote には すぐわからなかったんだけど、日本でも昔から愛されてきた童謡「ちょうちょ」の原曲です。
              古いドイツ民謡で、19世紀に この曲にあわせ「Hänschen klein」という詩が作られました。詩の内容はハンスという少年が旅に出て成長していく、というもの。

              この絵本には、小さなハンス以外にも いろんな詩が載っています。


              ↓これは、みつばちの詩。

               

              ちいさなハンス #ピクシー絵本2
               

              明るい色使いで心も軽くなります。
              絵柄も、とてもキュート。
              春気分になったでしょ?

              商品情報はこちらです。

               

               

              このエントリーをはてなブックマークに追加

              banner_24.gif
              にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
              fc2バナー

              | Tote(トート) | 16:03 | - | - |
              #あかいとりあおいとり #ピクシー絵本
              0

                あかいとりあおいとり #ピクシー絵本

                 

                とてもめずらしいピクシー絵本が再入荷しました。

                「あかいとりあおいとり(Rot und Blau)」です。

                 

                1970年代に日本でも発行されたことがあり、人気のあるタイトルなのですが、

                ブッククーリエでは 久しぶりの入荷です。

                 

                とてもめずらしい貴重な1冊なのです。

                往年のピクシーファンなら、この機会をお見のがしなく。

                 

                内容は他の版になりますが、以前にご紹介しています。

                デザイン性も高く、2羽の小鳥が愛おしくなるお話です。

                 

                商品情報はこちらです。


                にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
                banner_24.gif
                fc2バナー

                このエントリーをはてなブックマークに追加

                 

                 

                 

                 

                | Tote(トート) | 20:40 | - | - |
                #そらをとんだめんどりさん #ピクシー絵本
                0

                  そらをとんだめんどりさん #ピクシー絵本表紙

                   

                  ドイツのピクシー絵本には鳥や小鳥のお話が多いです。

                  そのなかでも、ぜひ「お母さん」と呼ばれる人に読んでいただきたいのが、この1冊。

                  「そらをとんだめんどりさん(Frau Henne lernt fliegen)」です。

                   

                  家事と育児に追われて、毎日 うんざり気味のめんどりのお母さん。

                   

                  そらをとんだめんどりさん #ピクシー絵本1

                   

                  ある日、雨の中 お買い物に出かけると、風も強くて かさごと空高く 吹き飛ばされてしまいました。

                  かさが開いているうちはよかったのですが、風が変わってかさがおちょこになってしまい、あー、落っこちる!

                   

                  そらをとんだめんどりさん #ピクシー絵本2

                   

                  必死で羽根をばたばたさせると、なんと 飛べたのです!

                   

                  そらをとんだめんどりさん #ピクシー絵本3

                   

                  次の日から、めんどりさんの毎日は ちょっぴり変わったようです。

                   

                  この絵本の初版発行は1959年。

                  1970年代に日本でも翻訳されて出版されました。日本語のタイトルは当時のものです。

                   

                  現在入荷しているのは2013年発行のものです。

                  商品情報はこちらです。

                   


                  にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
                  banner_24.gif
                  fc2バナー

                  このエントリーをはてなブックマークに追加

                   

                  | Tote(トート) | 14:55 | - | - |
                  #メッテちゃんのひつじ #ピクシー絵本
                  0

                    JUGEMテーマ:海外の名作絵本

                     

                     

                    このピクシー絵本が再入荷しました。

                    「メッテちゃんのひつじ(Susis Lämmchen)」

                     

                    とびきりキュートで、「なつかしい!」と思うピクシーファンも多いはず。

                    1970年代に日本でも出版された大人気の1冊です。

                     

                    内容はマザーグースの「メリーさんのひつじ」と同じ。
                    メッテちゃんのひつじはメッテちゃんが大好きで学校についてきてしまいます。

                     

                     

                    ところで、ドイツ語版の原題では女の子の名前は Susi =スージー ですが、日本語版では メッテちゃん になっています。


                    Susi という女の子は昔のドイツの絵本によく出てきます。

                    英語圏のメリーと同じように、ドイツではポピュラーな名前なのかな。


                    しかし、なぜに 日本語版では メッテちゃん?
                    デンマーク語版ではメッテちゃんだったのかな?
                    謎です…。

                     

                    商品情報はこちらです。

                     

                     


                    fc2バナー
                    にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
                    banner_24.gif

                    このエントリーをはてなブックマークに追加

                    | Tote(トート) | 12:15 | - | - |
                    ラルフとおいしいパン #ピクシー絵本
                    0

                       

                      来週からは暖かくなるそうですが、もう少し 美しい冬の絵本を楽しみませんか?

                       

                      ちょっぴりユーモラスな冬のピクシー絵本です。

                      「ラルフとおいしいパン(Ralf und die Semmeln)」

                       

                      とても希少な1冊ですが、この絵本を見ると、冬は美しい季節だということがわかります。

                       

                      この作品のイラストレーター、Iben Clante さんはスウェーデンの人みたいですね。

                      この人については、あまり情報がないのですが、詩的で美しいピクシー絵本をたくさん手がけています(名前をクリックすれば、作品一覧をご覧いただけます)。

                       

                      内容は以前にお知らせしています。

                      商品情報はこちらです。

                       



                      fc2バナー
                      にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
                      banner_24.gif

                      このエントリーをはてなブックマークに追加

                      | Tote(トート) | 17:02 | - | - |

                      Calendar

                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << June 2019 >>

                      Profile

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Archives

                      Category

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode