Page: 1/3   >>
トムジェリ展に行ってきた。4
0

    JUGEMテーマ:キャラクターの絵本

     

     

    5月6日の続きです。

     

    今回のトムジェリ展に行って良かった!と思えたのは、ハンナ=バーベラ スタジオの作品コーナーもあったこと。

     

    考えたら、ディズニー関連の展覧会は多いけど、ハンナ=バーベラのイベントはめったにないなと。それだけに貴重な機会でした。

     

    ハンナ=バーベラ スタジオは、1950年代末にアメリカで設立されたアニメ制作会社。

    ウィリアム・ハンナとジョゼフ・バーベラによってつくられたので、ハンナ=バーベラなのです。

     

    「フリントストーンズ」「宇宙家族ジェットソン」「チキチキマシーン猛レース」などの大ヒットアニメをたくさん生み出し、アメリカのアニメ黄金時代に大きく貢献しました。

     

    ハンナ=バーベラのアニメの魅力は、ポップな絵柄ととにかくスピーディなギャグ。

    これは、ディズニーにすら影響を与えたといわれています。詳しくは、こちらもご覧ください。

     

    ↑上の画像は「宇宙家族ジェットソン」の宇宙船。

    ハンナ=バーベラの楽しい世界観を満喫できた展覧会でした。

     

    ハンナ=バーベラのリトルゴールデンブックはブッククーリエでご覧いただけます。

     

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    banner_24.gif
    にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
    fc2バナー

    | Tote(トート) | 18:05 | - | - |
    トムジェリ展に行ってきた。3
    0

      JUGEMテーマ:キャラクターの絵本

       

       

      4月26日の続きです。

       

      80年前にスタートしたトムジェリのアニメのギャグがいまでも通用するのは、セリフがないからでしょうね。

      効果音や音楽はあるけど。

       

      キャラクターたちの動きと表情と場面転換で構成されているので、言語関係に楽しめる。また、そういう要素のみで表現できる笑いって、人間の本能的なツボを刺激するのではないかと。

       

      だから、トムジェリのギャグは永遠だとTote は考えています。

       

      ハンナ=バーベラが そこまでギャグを追求したのは、ディズニーに対抗するためだったのかな? トムジェリが誕生したころ、アメリカのアニメ業界はすでにディズニー1強の時代でした。

       

      まだ、もうちょっと続きます。

       


      にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
      banner_24.gif
      fc2バナー

      このエントリーをはてなブックマークに追加

       

      | Tote(トート) | 21:02 | - | - |
      トムジェリ展に行ってきた。2
      0

        JUGEMテーマ:キャラクターの絵本

         

        昨日の続きです。

         

        会場には撮影してもOKなコーナーがいくつかあって、↓撮ってきました(昨日の記事の画像もそうです)。

        アニメのワンシーンを立体にしたもの。

         

         

        そういえば、こんなシーン、子供のころにテレビで見たかも。

         

        こうやって、会場で撮ってきた画像を見ると、装飾やレイアウトなどもハンナ=バーベラのアニメの風景に寄せてあります。

         

        ハンナ=バーベラとは、ウィリアム・ハンナとジョゼフ・バーベラというアニメーターのコンビ。トムジェリの生みの親です。

         

        2人はアメリカの映画会社MGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)に所属しトムジェリをつくり、のちに独立してハンナ=バーベラスタジオを創設しました。

         

        2人がMGMを去ったあとはスタッフが入れ替わりながら(現在、作品の権利はワーナー・ブラザースに渡っています)、トムジェリの80年の歴史が作られてきたのですが、この長い歴史の中で、ハンナ=バーベラによるものが最も高く評価されています。

         

        80年前のギャグのセンスがいまでも通用するのか?

        →しているのが、トムジェリとハンナ=バーベラのすごいところ。

         

        さて、トムジェリはリトルゴールデンブックにもなっていますが、こちらで何冊かご覧いただけます。

         

        続きます。

         


        にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
        banner_24.gif
        fc2バナー

        このエントリーをはてなブックマークに追加

        | Tote(トート) | 17:08 | - | - |
        トムジェリ展に行ってきた。
        0

          JUGEMテーマ:キャラクターの絵本

           

           

          こんにちは、ブッククーリエ 店長の Tote です。

          あさってからゴールデンウィークが始まりますね。

          そして、平成もあと5日で終わりです。

           

          そんなタイミングに、銀座でやっている「トムとジェリー展」に行ってきました!

          GW中は混むだろうと思って、その前の平日に行ったんだけど、けっこう混んでいた。

           

          まー、トムジェリがみんな大好きってことですよ。

          今年80周年だそうで、永遠のギャグアニメですからね。

           

          いつの時代のちびっこたちが大笑いする、こんなアニメが他にある?

           

          Tote が行ったのは平日の昼間だったので、かつてちびっこだった人たちがほとんどでしたが、ハンナ=バーベラ時代の作品中心の展示で非常に充実しておりました。

           

          レポートは後ほど

           

           


          fc2バナー
          にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
          banner_24.gif

          このエントリーをはてなブックマークに追加

          | Tote(トート) | 21:16 | - | - |
          シン・ゴジラを観てきた。 2
          0

            JUGEMテーマ:3D CG

             

            8月31日の続きです。

             

            ひゃー、続きを書こうとして1ヵ月以上も間が空いてしまいました。

            前回は、パンフレットが買えなかったーと見苦しくさわいでいたのだが、あの数日後、無事入手できております。

             

            公開から2ヵ月半経つのですが、まだロードショー館で上映されているんですな。

            すごいヒットです。なんだか、うれしい。

            今回のゴジラは映画館で2回以上観るリピーターが多いのだとか。

             

            Tote も時間があれば、もう1回観たいとは思っている。

            なんだかね、忘れられないんですよ。

            スクリーンの中のゴジラのシルエットが。

             

            映画を観てから1ヵ月半経つのだが、ふとしたときに、あのゴジラ恐かったな〜と思い出すのです。

            そして、また観たくなる。

             

            そこで、これだ!と思った。

             

            ゴジラは恐い。恐いものなのだ。

            だから、ゴジラは恐くなくてはいけない。

            だから、ゴジラは驚かされるものでなくてはいけない。

             

            そういう意味では、シン・ゴジラは大成功といえますな。

             

             


            blogram投票ボタン
            にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
            banner_24.gif
            fc2バナー
             

            | Tote(トート) | 16:46 | - | - |
            ひつじのショーンはクレイアニメ 2
            0

              JUGEMテーマ:キャラクターの絵本

               

              10月12日の続きです。

               

              デジタル時代だから、アナログなものは全て時代遅れかということ、決してそうではないし、アナログなものもいいなと思うのも人間なのだろうね。


              一方で、カメラもデジタルになって、ストップモーション撮影などはやりやすくなったのでは。たしかに、粘土の造形物を動かすのは、昔と変わらないやり方だろうけど、いまでは撮影したものはフィルムではなくデジタルデータ。

               

              編集作業は格段に早くできるようになっただろうね。

              また、ショーンを観ていて、背景や色の調整など、うまく処理してあるなーと思うことがある。

               

              特に、デジタルが得意なポップな色合いがショーンの世界観によくマッチしているし、デジタルを本当にうまく取り入れているようです。

               

              デジタル技術によって、アナログも進化しているということですな。

               

               

               

              blogram投票ボタン
              fc2バナー
              banner_24.gif
              にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

               


               

              | Tote(トート) | 12:21 | - | - |
              ひつじのショーンはクレイアニメ
              0

                JUGEMテーマ:キャラクターの絵本

                 

                先日ご紹介したひつじのショーンはテレビのアニメシリーズなのは、みなさんよくご存知のはず。


                ただし、アニメといっても、ピクサーのようなCGや従来のセルアニメとは ひと味もふた味も違いますよね。それもそのはず、ショーンはクレイアニメというCGなどとは全く違う手法で作られています。

                 

                クレイアニメとは、ストップモーションピクチャーとも呼ばれ、粘土で作った人形などを少しずつ動かしてコマ撮りしていくというアナログなもの。ずーっと昔からある手法で、いわば、アニメーションや特撮の先祖のようなものです。


                このデジタル全盛の時代に、そんなアナログアニメのショーンが大人気というのは、なんだかうれしい気がする。

                 

                クレイアニメって、撮影用のキャラクターたちや小物類は基本的に手作りなわけ。

                だから、独特の暖かさやリラックス感があって、それがショーンたちのテンポによくマッチしてしてイイ感じの世界観を作り出せているのだと思います。

                 

                続きます。

                 

                 

                 

                banner_24.gif
                blogram投票ボタン
                にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
                fc2バナー

                 

                 

                 

                | Tote(トート) | 21:57 | - | - |
                シン・ゴジラを観てきた。 1
                0

                  JUGEMテーマ:3D CG

                   

                  まだまだ暑いです。

                  学生のみなさんの多くは、夏休みは今日で終わりですな。

                   

                  Tote は昨日、「シン・ゴジラ」を観に行ってきました。

                  もっと早くに行きたかったんだが、何かと忙しくやっと行けたんだけど、うわーん!

                  やっぱりというか、パンフレットが売り切れてた!

                   

                  巷では「シン・ゴジラのパンフレットは映画を観た後に見る方が良い」といわれているので、近所に映画館がありながらも、正直にガマンしていたら、これですよ。

                  本当に悲しい。

                  必ず増刷されるともいわれているけど…、東宝さん、よろしくお願いします!

                   

                  ここまで書いて、自分で自分のゴジラへの思い入れに驚いている。

                   

                  そんなに、Tote はゴジラが好きだったんだ。

                  というか、生まれたときから、ゴジラがいたからね、節目節目でゴジラの映画を観てきたからねえ。

                   

                  Tote の感覚では、ゴジラは伝統芸能の域ですよ。

                  映画の枠だけではなく、日本のエンターテイメントいやカルチャー全体の中に「ゴジラ」というジャンルがあるのではないかと思います。

                   

                  続きます。

                   

                   

                   

                  blogram投票ボタン
                  fc2バナー
                  banner_24.gif
                  にほんブログ村 本ブログ 洋書へ


                   

                  | Tote(トート) | 14:14 | - | - |
                  ワンピース歌舞伎に行ってきた。
                  0
                    onepiece.png

                    こんにちは、Tote です。
                    10月から興行している話題のスーパー歌舞伎のワンピース。
                    まもなく千秋楽です。

                    このブログは店長日記なので、あまりプライベートなことは書かないようにしているのですが、実は、Tote は大の歌舞伎好き。
                    2回観に行ったぜ、ワンピース歌舞伎。

                    すごく上質な 楽しさてんこ盛りのスーパーエンターテイメントでした。

                    「歌舞伎とは、なんぞや?」
                    「漫画・アニメとは、なんぞや?」
                    なんていうことを超えている。

                    なんというか、メディアミックスの時代ですなあ。






                    fc2バナー
                    banner_24.gif
                    にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
                    blogram投票ボタン

                     
                    | Tote(トート) | 16:25 | - | - |
                    実写とアニメの間 4
                    0
                      JUGEMテーマ:3D CG

                      6月19日の続きです。

                      現在のCG技術なら、ほぼ生身同然の人物を描けるのでは?
                      答えはイエス、できるのだそうです。

                      でも、実写かCGか見間違う人物が登場するアニメやゲームって、まだないよね(もし、あったら、すいません)。
                      髪の毛のや衣服、顔や体の一部が合成(修正?)されているケースは多いですが。

                      かなりリアルなアニメやゲームでも、登場人物たちの顔を見ると、なんとなくCGで作られたんだなとわかるようになっている。
                      それは、わざと そうしてあるんだって。

                      どうしてかというと、リアルに作り込めば、作り込むほど、そこには「不気味の谷」の存在が見えてくる。

                      「不気味の谷」とは、ロボットのアレですよ。
                      ロボットの姿形が生身の人間に近づくと、気持ち悪くなるという あの感覚。
                      それが、映像の中でも起こるのだそうな。

                      うーん、人間の感覚って不思議だな。


                      人間の技術は いつか「不気味の谷」を超えるんだろうか。
                      リアルさの追求は どこまで行くのか。

                      リアルさとエンターテイメントは、また別もの。
                      リアルさ
                      ばかりを追求しても楽しい美しい作品にはならないということです。
                      いまは そのバランスが大事みたい。

                      大変な時代になったもんだ。





                      fc2バナー
                      banner_24.gif
                      にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
                      blogram投票ボタン


                       
                      | Tote(トート) | 12:21 | - | - |

                      Calendar

                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << May 2019 >>

                      Profile

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Archives

                      Category

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode