Entry: main  << >>
古い絵本のメンテナンス:収納のしかた1
0
    こんにちは、Toteです。
    絵本のメンテナンスについてお話しますと言っておきながら、けっこう時間が経ってしまいました。すいません、いろいろあったもので…。
    遅ればせながら、ぼちぼち始めたいと思います。
    その前に、確認しておきたいのですが、このブログでは、あくまで実際にブッククーリエでやっている保管とお手入れのしかた、家庭でできる範囲のことをご紹介していきます(時には話がそれることもあるかと思いますが…)。

    まずは、2月10日の記事にも書いた 本の最大の敵「光と湿気」についてです。
    光、特に紫外線は紙ヤケ・退色の原因になるので、読むとき以外は暗い所にしまうのがいちばん。
    とはいっても、直射日光が当たるのでなければ、数週間〜2ヵ月ぐらいは部屋の中に置いていても大丈夫ですけどね。日本ではポピュラーな蛍光灯も紫外線なので良くないですが、1日中 電灯つけっぱなしということはないと思うので。
    いちばん強力な紫外線は直射日光。直接、陽が当たる場所に本棚を置かないようにしましょう。どうしてもそういう場所しかないのであれば、光を通さないケースに入れてしまった方がいいです。


    よろしかったら…、
    にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ

    この記事をクリップ!
    | Tote(トート) | 09:43 | comments(0) | - |
    Comment








    Calendar

    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode