Page: 2/167  << >>
ピーター・ポタモス/かばのガバチョ|リトルゴールデンブック 2
0

    JUGEMテーマ:キャラクターの絵本

     

    11月13日の続きです。

     

    「ピーター・ポタモス/かばのガバチョ(Peter Potamus)」の内容をご紹介します。

    おさるのソーソーとタイムトラベルに出かけることにしたピーター・ポタモス。
    時空を超えられるタイムバルーン(気球)に乗って出かけました。

     

    ピーター・ポタモス,ハンナ=バーベラ1

     

    満月とタイムバルーンのこのシーン、ファンタジックできれいですね。

    ピーター・ポタモスたちが着いたのは大航海時代のスペイン。

     

    ピーター・ポタモス,ハンナ=バーベラ2

    コロンブスと知り合い インド大陸を探す旅に同行します。

     

    ピーター・ポタモス,ハンナ=バーベラ3

     

    「陸が見えたぞ!インド大陸だ!」
    インド大陸を発見したと思い大喜びするコロンブスたち。


    ソーソーがピーターにそっと耳打ちします。

    「本当はここはインドじゃないよね…」
    「それは、コロンブスがいつか気づくことだから…」とそのことは言わずにピーターたちは現代に帰って行きました。

    時空を超えた壮大な冒険でしたね。
    商品情報はこちらです。

     


    にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
    banner_24.gif
    fc2バナー

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    | Tote(トート) | 13:29 | - | - |
    ピーター・ポタモス/かばのガバチョ|リトルゴールデンブック 1
    0

      JUGEMテーマ:キャラクターの絵本

       

      ピーター・ポタモス,ハンナ=バーベラ表紙

       

      ちょっと(かなり?)マニアックなハンナ=バーベラのキャラクターの絵本をご紹介します。

      「ピーター・ポタモス/かばのガバチョ(Peter Potamus)」
      このリトルゴールデンブック、かなりめずらしいです。

      ピーター・ポタモスはむらさき色のかば で、日本では「かばのガバチョ」のタイトルで1960年代にアニメが放映されていたようですが、クマゴローや珍犬ハックルに比べるとあまり知られていません。

      ピーター・ポタモスのストーリー展開は少しファンタジック。


      タイムバルーンというタイムトラベルできる気球(といっても船なんです。なんだかロマンチック)に乗って、おさるのソーソーといっしょに時空を超えた冒険の旅をします。

      ナンセンスでドタバタものが多いハンナ=バーベラのアニメの中ではちょっぴり異質かも。

      アニメプロダクションのハンナ=バーベラについてはこちらをどうぞ。

      前置きが長くなってしまったので、絵本の内容については次回ご紹介します。

       

       

      このエントリーをはてなブックマークに追加

      banner_24.gif
      にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
      fc2バナー

      | Tote(トート) | 22:11 | - | - |
      そろそろ、クリスマスの準備を
      0

        JUGEMテーマ:クリスマス

         

         

        こんにちは、ブッククーリエ店長のTote です。

         

        11月も中旬にさしかかろうとしていますが、なんか暖かいですね。

        でも、次は12月ですよ!

        12月といえば、クリスマス!

         

        そろそろ、ブッククーリエもクリスマスの準備をしていこうと思っております。

         

        12月はブッククーリエ にとって、創業記念の大切な時期でもあり、毎年もまたアニバーサリー&クリスマスキャンペーンを予定しています。

        詳細は追って、メルマガやこのブログでお知らせいたします。

         

        とりあえず、↑上の画像はこれからの時期お買上げいただいた商品にちょこっと添えようと思っているタグです。オーナメントにもなります。

         

        カワイイでしょ〜。

        MAMI913'S GALLERY さんで購入しました。

        https://minne.com/@mami913

        https://ameblo.jp/takusobubu/

         

        ちょっと、テンション上がってきたかも。

         


        にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
        banner_24.gif
        fc2バナー

        このエントリーをはてなブックマークに追加

        | Tote(トート) | 16:16 | - | - |
        珍犬ハックル家を建てる|リトルゴールデンブック 2
        0

          JUGEMテーマ:キャラクターの絵本

           

          珍犬ハックル家を建てる|リトルゴールデンブック3


          1軒の家を3組の友だちに売る約束をして困ったハックルですが、思いついたのがこれ↑。家を3階建てに建て替えたのでした。


          なんか、ほわわ〜んとした終わり方ですが、これがハンナ=バーベラアニメの持ち味なんです。このゆるさが好きな方も多いはず(とTote は勝手に思っている)。


          ポップでデザイン性の高いキャラクターとクールな色使いのアート性とゆるいギャグのバランスが良い。

          「珍犬ハックル」はハンナ=バーベラのテレビアニメ第1号。

          このシリーズからは脇役として登場し、後の人気者になるキャラクターがスピンオフしています。

           

          クマゴロー(Yogi Bear)チュースケとチュータ(Pixie and Dixie)です。
          ご覧の通り、この絵本にも登場しています。上の画像の中にもいるのがわかりますよね?

           

           


          にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
          banner_24.gif

          fc2バナー

          このエントリーをはてなブックマークに追加

           

           

          | Tote(トート) | 14:59 | - | - |
          さよなら、ブログラム
          0

            こんにちは、ブッククーリエ 店長のTote です。

             

            この店長日記ブログはブッククーリエ設立とほぼ同時に始まりました。

            なんと、来たる12月に10年目に突入します!

             

            といことは、このブログは9年間続いているってことですが、当初から利用していたブログランキングというかブロガーコミュニティのブログラム(blogram)が10月いっぱいで終了しました。

             

            9年といっても、リアルタイムで続けていると本当にあっという間ですが、その間に時代は変わっていることも実感しますね。まさに10年ひと昔。

             

            SNSが全盛になる前はブログはネットの中では有力なメディアだったんだなぁ、と。

             

            ブログランキングというのは、ブログにバナーボタンを貼って、訪問した人がポチすることで順位が上がっていく仕組み。

             

            やり過ぎると、ボタンを貼っているブロガーどうしが内容を読まずにポチして、単なるアクセス(順位)稼ぎの互助会になるということもあって、他にも廃止になっていったコミュニティもあるようで。

             

            そんな中でもブログラムはマイページで訪問客の足跡やメンバー同士のコメント交換なんかもできて、いいサービスだったんだけどな。運営としては、もうメリットがないということでしょう。

             

            ブログはすでに主役のメディアではない?

            ある程度の内容があって、登録やログインしなくても読者になれるということでは、良い情報発信ツールだと思うんですけどね。

             

            もちろん、ブッククーリエ店長日記はまだまだ続けます。

            今後ともよろしくお願いいたします。

             

             


            にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
            banner_24.gif

            fc2バナー

            このエントリーをはてなブックマークに追加

            | Tote(トート) | 16:18 | - | - |
            珍犬ハックル家を建てる|リトルゴールデンブック 1
            0

              JUGEMテーマ:キャラクターの絵本

               

              珍犬ハックル家を建てる|リトルゴールデンブック表紙

               

              リトルゴールデンブック でキャラクターものといえば、まずディズニーと思う人も多いかもしれませんが、他のキャラクターの絵本もたくさんあります。

               

              そんな中から、ハンナ=バーベラのアニメキャラクター第1号 珍犬ハックル(Huckleberry Hound)「珍犬ハックル家を建てる(Huckleberry Hound Builds a House)」をご紹介します。

              珍犬ハックルはアメリカでは1958年から放映されたテレビアニメ番組「The Huckleberry Hound Show」の主役として登場しました。日本でも1959年から61年にかけ、「珍犬ハックル(続/続々編を含む)」のタイトルで放映されたようです。


              日本では1960年代は国産アニメがまだ量産体制に入っていなくて数が少なく、ハンナ=バーベラのアニメがよく放映されていたそうです。

              ハンナ=バーベラアニメの特徴はポップなキャラクターデザインとゆるーいギャグ。他のアメリカンアニメの高速スラップスティックとはちょっと違う独特のテンポです。

               

              珍犬ハックルがすてきな家を建てました。
              猫のジンクが気に入って、売る約束をします。


              珍犬ハックル家を建てる|リトルゴールデンブック1

              その後、熊のクマゴローにも家を売る約束をします。
              また その後、引越しをしたいというネズミのチュースケとチュータにも売る約束をしてしまいます。


              珍犬ハックル家を建てる|リトルゴールデンブック2


              3組の友だちに家を売る約束をしたわけですが、家は1軒…。
              どうすればいい?と悩むハックル。

              何をやってんだか、という感じですが、ハックルが思いついた解決策については次回お知らせします。

              商品情報はこちらです。

               

               

              このエントリーをはてなブックマークに追加

              banner_24.gif
              にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
              fc2バナー

              | Tote(トート) | 15:46 | - | - |
              カメラで撮りたい 2
              0

                JUGEMテーマ:メディアリテラシー

                 

                10月16日の続きです。

                 

                便利なスマホが普及して、カメラを持たない人が増えたというか、持つ必要がなくなった。だって、スマホで写真撮れるんだからね。

                 

                で、最近、ちょっと気になることがありました。

                Tote が働くデザイン会社の学生バイトのAくん(美大のデザイン専攻/写真専攻ではない)が「夏休みに学校で急きょ、写真の授業を受けることになった」ので、お休みくださいとのこと。

                 

                プロカメラマンを呼んで、「カメラ」で写真撮影をするという特別授業をしたそうです。

                 

                Aくんの話によると、同じクラスの学生の一部は趣味的に一眼レフにのめり込んでいるのもいるらしいが、半分くらいが「カメラ」で写真を撮ったことがなかったらしい。

                 

                一瞬、えぇ〜、と思ったんだけど、今の大学生はそうらしい。

                いや、今はそういう時代ななので、普通はそれでもいいのだろう。

                 

                しかし、美大の先生たちからすると「これは、ヤバい」と思ったのではないかな。それ聞いて、デザイン業界のすみっこに巣食う Tote も、この業界の将来的にヤバいと思った次第。

                 

                まあ、固定電話のない世帯もめずらしくないこの時代、カメラのないご家庭もあるんだろうなぁ。だって、必要ないものを持つ必要はないですからね。決して悪いことではない。

                 

                昔は、カメラは特別なモノ(ぜいたく品と呼ばれていたんだゾ)だった。

                また、そういうモノになるんだろうか(ある意味、特別というのが「特殊な仕事や分野」になるのだろうけど)。

                 

                続きます。

                 

                 

                blogram投票ボタン
                にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
                banner_24.gif
                fc2バナー

                このエントリーをはてなブックマークに追加

                | Tote(トート) | 14:32 | - | - |
                ラスムス・クルンプ/ペッツィと小包み|ピクシー絵本
                0

                  JUGEMテーマ:キャラクターの絵本

                   

                  ペッツィと小包み表紙

                   

                  ペッツィ(ラスムス・クルンプ)のほのぼのしたお話を紹介します。

                  「ペッツィと小包み(Petzi findet ein Paket)」

                   

                  子ぐまのペッツィは船のメリー号で仲間といっしょによく冒険の旅に出ます。

                  そんな旅の途中で、海に浮かぶ小包をみつけました。

                   

                  ペッツィと小包み1

                   

                  これは、いったい誰あての小包?

                  送り先に届けに行くことにしました。

                   

                  陸地に上がって、受け取り人を探して いろんな動物にたずね歩きますが、なかなかみつかりません。くたびれて、木かげで休んでいると…、

                   

                  ペッツィと小包み|ピクシー絵本2

                   

                  とつぜん、木の幹が動きました。

                  びっくりしてピンゴ(ペッツィの仲間のペンギン)が見上げると、木だと思っていたのは、きりんさんの足でした。

                   

                  ペッツィと小包み|ピクシー絵本3

                   

                  小包のあて先は、このきりんさんだったのです。

                  ペッツィたちはきりんさんに小包を渡しました。

                   

                  小包の中身は何だったのでしょう?

                   

                  ペッツィと小包み|ピクシー絵本4

                   

                  きりんさん用のながーいマフラーでした。

                  きりんのおばさんからのプレゼントですって。

                   

                   


                  blogram投票ボタン
                  にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
                  banner_24.gif

                  fc2バナー

                  このエントリーをはてなブックマークに追加

                   

                   

                  | Tote(トート) | 20:49 | - | - |
                  ビッツァーって、いいよね。
                  0

                    JUGEMテーマ:キャラクターの絵本

                     

                     

                    犬のビッツァーです。

                    ひつじのショーン好きの方にはおなじみのキャラクター、ビッツァーです。

                    おなじみというより、なくてはならない存在。

                     

                    ひつじのショーンをよく知らない方のために説明すると、ショーンたちの牧場の牧羊犬です。

                     

                    ちょっとおまぬけな印象もありますが、ショーンをはじめとするひとくせふたくせある羊たちをまとめる手腕はすごい。とても優秀な牧羊犬なのです。

                     

                    しかし、それだけではありません。

                    家事も得意なので、牧場主にとっては、すごく気のきくお手伝いさんだし、執事でもあるし、庭仕事も日曜大工もこなしちゃう。

                     

                    ほんとうに働き者のビッツァーですが、Tote としては、執事ぶりがいちばん気に入っている。やはり英国のわんこですからね。

                     

                    そんなビッツァーの魅力はピクシー絵本でご堪能ください。

                     

                     

                    このエントリーをはてなブックマークに追加

                    banner_24.gif
                    blogram投票ボタン
                    にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
                    fc2バナー

                    | Tote(トート) | 22:41 | - | - |
                    ひつじのショーン/ドッグショーに出よう|ピクシー絵本
                    0

                      JUGEMテーマ:キャラクターの絵本

                       

                      ひつじのショーン/ドッグショーに出よう表紙

                       

                      これは、まさにひつじのショーンらしいお話。

                      「ひつじのショーン/ドッグショーに出よう(Shaun das Scaf, der Falsche Hund)」というタイトルのピクシー絵本です。

                       

                      めずらしく牧場主にシャンプーしてもらったビッツァー。

                      これから、いっしょに出かけるようですが、どこへ?

                       

                      ひつじのショーン

                       

                      なんと、ついた先はドッグショー。

                      牧場主はビッツァーをドッグショーに出場させたのです。

                       

                      ひつじのショーン/ドッグショーに出よう1

                       

                      しかし、なみいる名犬たちにビッツァーはたちうちできず、賞にはかすりもしません。

                      くやしくて仕方ない牧場主は、なんとショーンをプードルに仕立てあげ出場させました。

                       

                      ショーンはドッグショーで優勝してしまいます。

                       

                      ひつじのショーン/ドッグショーに出よう2

                       

                      このあと、ショーンの鳴き声でズルがばれるんですけどね。

                      なんとも、ちょっぴりセコいお話でした。

                       

                      商品情報はこちらです。

                       

                       

                      blogram投票ボタン
                      にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
                      banner_24.gif
                      fc2バナー

                      このエントリーをはてなブックマークに追加

                       

                       

                       

                      | Tote(トート) | 18:35 | - | - |

                      Calendar

                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>

                      Profile

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Archives

                      Category

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode