Page: 2/38  << >>
ブルーノのさかなとり|ピクシー絵本
0

     

     

    ピクシー絵本にはくまさんのお話が多いです。

     

    はじめて魚とりをするこぐまちゃんのお話を紹介します。

    「ブルーノのさかなとり(Bruno lernt Fischen)」

     

    「もう大きくなったから、自分で魚をとりましょう。」

    ある日、お母さんにそういわれた子ぐまのブルーノ。

    お母さんが見本を見せてくれました。

     

     

    お母さんみたいに じょうずにできるかな?

    ブルーノも川に入ります。

     

     

    川の中には魚がいっぱい!

     

     

    ブルーノは どうやって魚をとるのでしょう?

    お母さんのやっていたのを思い出して がんばってね。

     

    自然の描写が美しい絵本です。

    こぐまちゃんのちょっぴりゴワゴワしてそうな毛皮の感じがいいですね。

     

    商品情報はこちらです。

     

     

    banner_24.gif
    blogram投票ボタン
    にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
    fc2バナー

    | Tote(トート) | 15:53 | - | - |
    ピクシー絵本|こぐまちゃんが再入荷
    0

      JUGEMテーマ:絵本のたからばこ

       

       

      ここ最近、プーさんの話題で持ちきりになっていましたが、とびきりキュートで、ちょっぴり特別なこぐまちゃんのピクシー絵本が再入荷しています。

       

      タイトルもそのまま「こぐまちゃん(Teddy und die anderen)」

      なぜ、これが特別な1冊なのかについては、こちらをご覧ください。

       

      Miriam Dixonさんという人の絵柄なのですが、この人の描く動物たちはほわっとしていて、本当にかわいいです。

       

      ピクシー絵本としては、とても歴史のある1冊なのですが、今回は2013年発行の復刻版が入荷しています。

      動物のこどもたちにまつわる3つのお話が収録されています。

       

      内容については、以前に1967年版でご紹介しています。

      現代の2013年版↓と見比べると興味深いですね。

       

       

      商品情報はこちらです。

       


      blogram投票ボタン
      にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
      banner_24.gif

      fc2バナー

       

      | Tote(トート) | 14:32 | - | - |
      うさぎとはりねずみ、その後のおはなし|ピクシー絵本
      0

        JUGEMテーマ:童話

         

         

        はりねずみのピクシー絵本をもう1冊、どうぞ。

        「うさぎとはりねずみ、その後のおはなし(Neues von Hase und Igel)」

        グリム童話の「うさぎとはりねずみ」の後日談です。

         

        グリムの「うさぎとはりねずみ」の内容はイソップ童話の「うさぎとかめ」とほぼ同じ。

        はりねずみがうさぎに勝つのですが、イソップとはほんの少し違うところがあって、はりねずみは実はちょっぴりズルをしていたのです。

         

        そのことを知ったうさぎとその一族が勝負をやり直そうと言い出します。

         

         

        そこで、うさぎとはりねずみの一族対抗レースをすることになりました。

        待ちに待ったレースの日ですが、この日はお百姓さんが畑に肥料を入れる日だったのです。

         

         

        レースはこんなことに…。

         

         

        このあと、みんな大笑いで仲なおりしましたとさ。

         

        商品情報はこちらです。

         

         

        banner_24.gif
        blogram投票ボタン
        にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
        fc2バナー

         

        | Tote(トート) | 21:59 | - | - |
        ふうせんりょこう|ピクシー絵本
        0

          JUGEMテーマ:絵本のたからばこ

           

           

          とってもかわいくポップなはりねずみのピクシー絵本をご紹介します。

          「ふうせんりょこう(Peter Igel in der Luft)」


          「なつかしい!」と思われる方も多いのでは?
          そう、1970年代、日本でも発行されていました

          (日本語のタイトルは当時のものです)。


          ヨーロッパでも人気なのかな。

          なかなか手に入らなかったのですが、ついに再入荷しました。

          はりねずみのピーターが赤いふうせんをバスケットにくくりつけて… 、

           

           

          ふわり。
          ふうせん旅行に出かけます。

           

           

          村の風景が明るくポップに描かれています。楽しそう。

          もう、そろそろ帰らないと。
          地上に降りるときはどうするの?

          こうするんです。

           


          だから、カサを持って行ったのね。
          でも、カサで飛べるのは絵本やマンガの中だけです。

          決してマネしないように。

          商品情報はこちらです。

           

           


          blogram投票ボタン
          にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
          banner_24.gif

           

          fc2バナー

          | Tote(トート) | 13:05 | - | - |
          目をさました はりねずみ|ピクシー絵本
          0

            JUGEMテーマ:絵本のたからばこ

             

             

            春はいろんな生命が芽吹く季節。冬眠していた動物たちも起き出します。

            冬眠から目覚めたばかりのはりねずみのピクシー絵本です。
            「目をさました はりねずみ(Oskar Igels Winterfreund)」

             

            冬の間、こんなに丸まって眠っていたはりねずみ。

             

             

            春が来て目を覚ましますが、動き回るのは夜。
            その方が安全だから。

             

             

            夜になって、どこかへ出かけて行きます。
            安全とはいっても…。あっ、あぶない!

             

             

            くるんとなって避けたので、なんとか無事に済みました。
            人間との共存は大変です。

             

            はりねずみはどこへ行くんでしょう?
            春と夏の間に暮らす場所を探していたんです。

             

             

            良いすみかがみつかりました(農家の生け垣のようです)。

            やさしく繊細に描かれたはりねずみと自然の風景。
            美しい絵本です。

            商品情報はこちらです。

             

             

             

            blogram投票ボタン
            にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
            banner_24.gif
            fc2バナー

             

            | Tote(トート) | 11:55 | - | - |
            ひよこたち|ピクシー絵本
            0

               

               

              春は新しい命が生まれる季節。

              たまごからかえったばかりのひよこたちのピクシー絵本です。

              「ひよこたち(Die Küken)」

               

              めんどりさんが生んだたまごがかえってかわいいひよこちゃんたちになりました。

               

               

              このひよこちゃんは好奇心おうせい。

              こうやって、ミミズをひっぱたり…。

               

               

              ガラス越しに見たことない動物をみつけました。

               

               

              クラシックなイラストが特長的。

              このイラストレーターさんのピクシー絵本は何冊か出版されているのですが、いずれも動物のお話で無記名なので、お名前がわかりません。

              カチッとした絵柄なのに、どことなくユーモラスな表情なのが魅力的です。

               

              商品情報はこちらです。

               

               

              banner_24.gif
              blogram投票ボタン
              にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
              fc2バナー

               

               

              | Tote(トート) | 12:05 | - | - |
              ピクシー絵本:夢みるペンギン
              0

                 

                 

                そろそろ、桜の開花予報が気になるところですね。

                お花がたくさん咲く春にあこがれるペンギンのお話のピクシー絵本です。

                「夢みるペンギン」

                 

                南極に1羽のペンギンがいました。

                南極はどこを見回しても、氷と雪の白1色の世界に少しウンザリ気味。

                 

                緑の草原のお花畑に行きたいなと思うペンギンでした。

                すると、不思議なことに…、

                 

                 

                お花畑はどんどん広がって、南国の風景に。

                 

                 

                ライオンやヘビもいます。

                 

                 

                不思議な世界ですが、ここはどこ?

                 

                ペンギンの夢だったのです。

                でも、たまには こんな夢もいいなと思うペンギンでした。

                 

                ファンタジックで色合いも美しい絵本です。

                商品情報はこちらです。

                 

                 


                blogram投票ボタン
                にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
                banner_24.gif

                 

                fc2バナー

                | Tote(トート) | 15:31 | - | - |
                美しいピクシー絵本が再入荷:たまごはいくつ
                0

                  JUGEMテーマ:絵本のたからばこ

                   

                   

                  先日、美しいリトルゴールデンブック「鳥の絵本」をご紹介しましたが、このピクシー絵本も美しいです。

                  「たまごはいくつ(Zwolf Kuken)」が再入荷しています。

                   

                  春、牧場のめんどりとあひるが6個ずつたまごを生みました。
                  やがてかわいいひよこたちが生まれて…とストーリーはいたってシンプル。

                   

                   

                  にわとり、あひる、ひよこたち、牧場の季節がゆっくり移っていく様子が繊細で洗練されたタッチで描かれています。

                   


                  しっかり描き込むのと省略された部分のバランスが良いですね。
                  なんだかリバティプリントを思わせます。

                   

                  この絵本をながめていると、ピクシー絵本はこどもだけのものではないなと思うのです。

                  商品情報はこちらです。

                   

                   

                  blogram投票ボタン
                  にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
                  banner_24.gif
                  fc2バナー

                  | Tote(トート) | 16:08 | - | - |
                  ピクシー絵本:ちゃいろのひよこ
                  0

                     

                     

                    とびきりカワイイ、鳥のピクシー絵本をご紹介します。

                    「ちゃいろのひよこ(Das Braune Hühnchen)」

                     

                    ちゃいろのひよこって、ひよこはきいろじゃないの?と思いますよね。
                    ちょっと大きくなりかけた、やっと とさかが生えたぐらいのひよこちゃんのようで、好奇心もおうせいです。


                    「広い世界を見たいの!」と言って、お母さんが止めるのも聞かず、ひとりで出かけてしまいました。

                    森で知り合ったきつねにディナーに招待され、きつねの家に行きますが…、

                     

                     

                    「今夜のディナーはなに?」とひよこちゃん。

                     

                     

                    「君がぼくらのディナーなんだよ!」と子ぎつねたちに言われて、びっくり。
                    あのおなべで煮られるところだったんです!
                    あわてて、家に逃げ帰りました。

                    スージー・ズーを思わせるふわっと可愛い動物たち。
                    どこかで見覚えのある絵だなと思ったら、「こうさぎのプロシット」と同じイラストレーターさんのようです。

                     

                    ちょっぴり恐いストーリーなんだけど、ユーモラスにほわわんとまとまっています。

                    1960年代前半に出版された古い希少な絵本です。
                    商品情報はこちらです。

                     

                     


                    blogram投票ボタン
                    にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
                    banner_24.gif

                     

                    fc2バナー

                    | Tote(トート) | 15:34 | - | - |
                    おにんぎょうのかぞく
                    0

                       

                       

                      ピクシー絵本にもお人形の絵本、もちろん あります。
                      「おにんぎょうのかぞく(Wenn die Puppenfamilie aufwacht)」

                       

                      ドールハウスに住むお人形の一家のお話です。
                      ドールハウスというところがドイツらしいですね。

                       

                      インゲ(Inge)はドールハウスとお人形の一家が大のお気に入り。


                      今日はインゲのお誕生日パーティです。

                      お友だちの1人がドールハウス用のいすをプレゼントしてくれました。

                      ↓左下の緑のいすがそれ。

                       

                       

                      さっそくドールハウスに置いてみたのですが、少し大きすぎたみたい…。

                       

                       

                      パーティも終わり、人間たちがみんな寝静まったころ、お人形たちが動き出します。
                      「さあ、わたしたちもインゲの誕生日をお祝いしましょう!」

                      ドールハウスでパーティをすることになったのですが、緑のいすがじゃま…。
                      みんなで力をあわせて、ドールハウスから放り出してしまいました。

                       

                       

                      翌朝、インゲはなぜかドールハウスの外に転がっているいすをみつけるのですが、誰が動かしたのかはナイショですよ。

                      こんなドールハウスとお人形、ほしいですね。

                      商品情報はこちらです。

                       

                       

                      banner_24.gif
                      blogram投票ボタン
                      にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
                      fc2バナー

                       

                      | Tote(トート) | 12:08 | - | - |

                      Calendar

                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>

                      Profile

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Archives

                      Category

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode